お気に入りの本

language:English

読んだ時期


2021

1「マシューの見てきた世界」Matthew Chozick
<キーワード>エッセイ 日本在住アメリカ人 好奇心 ユーモア
<あらすじ>日本在住アメリカ人のマシューが語る、日本の話、アメリカの話。
<感想>p100から始まる「死」についてのエッセイが印象に残りました。人々がどうやって人生に意味を見出すか、マシューはどう考えているか。ユーモアを交えながら真面目に話すところが気に入りました。

2「きみがぼくを見つけた日」Audrey Niffenegger
<キーワード>タイムスリップ 恋愛
<あらすじ>愛する人は未来からやってきた。やがてくる別れを知っていた―。初めての出会いはクレア6歳、ヘンリー36歳。未来から来たヘンリーが、突然クレアの前に姿を現わした
<感想>
・心理描写がリアルで、登場人物が実在しているかのように感じます。
・悲しい結末が分かっていても読んでしまう。読後は切ない気持ちになります。

3「十二本の毒矢」Jeffrey Archer
<キーワード>短編小説 イギリス
<あらすじ>技巧を凝らしたおちのあるもの、さりげない筆致でしみじみとした読後感を抱かせるものと、さまざまなタイプをイギリスの伝統的な短編小説の手法で語る
<感想>
・どの短編も最後はハッと驚きます。
・「パーフェクト・ジェントルマン」ボードゲームの一流プレイヤーだった男は、なぜ格下の相手に負けたのか。男の謙虚さに感じ入りました。

4「十四の嘘と真実」Jeffrey Archer
<キーワード>短編小説 イギリス
<あらすじ>14編のうち9編は事実に基づく。読む者を手玉に取り、トコトン楽しませる、天性のストーリーテラーによる短編集。
<感想>
・「終盤戦」親戚のうち遺産相続にふさわしい者を見極めるため、男は破産を装う。ストーリーが巧み。短編なのに映画を見ているよう。

5「コスモポリタンズ」Somerset Maugham
<キーワード>短編 世界旅
<あらすじ>舞台は、ヨーロッパ、アジアの両大陸から南島、横浜、神戸まで―。故国を去って異郷に住む“国際人”の日常にひそむ事件のかずかず30篇。
<感想>
・どの短編もモーム自身が語り手です。彼は物語を通して、人間の不合理を面白おかしく伝えています。彼は人間を愛していたのでしょうね。
・気に入った文章→「時間の浪費

6「モーム短編集(上)」Somerset Maugham
<キーワード>人間とは
<あらすじ>長篇小説「人間の絆」「月と六ペンス」の作家サマセット・モーム(1874-1965)は、鋭い人間描写で読者を魅了する短篇小説を数多く残している。
<感想>
・「手紙」貞淑な女性レズリーはハモンドを射殺した。正当防衛で無罪になるはずだったが・・・。人間のなかに眠る狂気を見ました。「この人は人間ではなく般若ではないか」という瞬間、私も見たことがあります。ゾッとするお話です。

7「柔道部物語10・11」小林まこと
<キーワード>高校柔道部
<あらすじ>岬商業高校に進学した三五十五は、ふとしたことがきっかけで柔道部に入部する。三五は背負い投げを武器に、全国大会をめざす。
<感想>
・小学生のときに祖父の家で何度も読みましたが、結末を知りませんでした。スポーツ漫画はバカにできません。面白かったです。