日記 2020-02

目次


2020-02-02

積極的無責任

* * *

我々が今生きている世の中に責任を持つ必要はない、という面白い考え方を僕の頭に吹きこんだのがフォン・ノイマンである。(中略)それ以来というもの、僕はとても幸福な男になってしまった。僕のこの「積極的無責任さ」の種はフォン・ノイマンが播いたのである。

Richard P. Feynman「ご冗談でしょう、ファインマンさん」p227

* * *

皆どうやって正気を保っているのだろう。世界には悲しみが多すぎる。一人で泣いている人が、今何人いるだろうか。耳をすませば、世界中の悲しみが聞こえてきそうだ。世界は破滅に向かっているような気がする。頭がおかしくなりそう。何かしなくてはならない。けれど、私一人で全ての問題に立ち向かうことはできない。

* * *

積極的無責任。これは一つの方法だ。このクレイジーな世界で正気を保つ方法。私にできることは限られている。だから、自分が注力することを決めて、それ以外には責任をもたない。たしかに世界に問題は山積みだけど、私はこれに集中する。

Richard Feynmanは、物理学に一生を捧げた。さて、私は何を選ぶ?


2020-02-02

プッシュ情報で自分を変える

人は環境から影響を受けます。良い影響も、悪い影響も。自分を変えるには、環境を変えていくのがおすすめです。意志の力に頼るのは辛いし、挫折しやすいから。

ただし、ここで紹介するのは環境を変えるといっても小さなものです。引っ越しや転職、離婚といった、時間がかかるものではありません。

プッシュ情報

情報にはプル型とプッシュ情報があります。自分から取りに行くのがプル型、向こうからやっていくるのがプッシュ型です。プッシュ型は自分は管理できないように思えますが、実は管理できます。

私が実践していることを紹介します。

* * *

有用な情報

有用な情報が自動的に入ってくるようにしています。ただし、ときどき棚卸しが必要です。本当にこの情報は必要なのか。他にも必要なものがあるのではないか。定期的に振り返り、いつでも最高の状態を保ちましょう。

 

SNS

SNSでフォローするアカウントを厳選しています。現在、私がTwitterでフォローしているアカウントは7個、noteが15個。「このアカウントは面白いな」と思っても、安易にフォローしません。有用な情報の割合が下がるのが嫌だから。「これは間違いなく私にとって重要だ」と思えるアカウントだけをフォローします。

 

メルマガ

現在、購読しているメルマガ

結城浩のコミュニケーションの心がけ

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)

True Story(Book Riot)

 

Podcast

現在、購読しているPodcast

塩谷舞の東京とNYと大阪と。

・For Real

・Get Booked

・All the Books

・Reading Envy

・The Book Club Review

参考→本好きにおすすめのPodcast(英語)

 

新聞

毎日新聞を毎日読んでいます。

 

* * *

 

ノイズを減らす

大学一年生のとき、物知りの先輩がいました。私が「先輩は何でも知っていてすごいですね」と褒めると、彼は言いました。「経験が僕の強みなら、あなたの強みは何も知らないことだ。知りすぎていると、かえって動けなくなるものだよ」と。

ノイズを減らすことは、情報を得るのと同じくらい大切です。

 

ブラウザ(PC)の広告ブロック

・Chromeの拡張機能→Adblock Plus

・Firefoxの拡張機能→Ghostery

 

スマホ(Android)の広告ブロック

AdGurdを導入すれば、あらゆるアプリで広告をブロックできます。しかも、ブロックフィルタが自動的に更新される、というすばらしい仕組みになっています。設定は面倒ですがおすすめです。AdGurdでもブロックできない広告は後述の方法で対応しています。導入手順

 

YouTube(スマホ)の広告ブロック

YouTube Vancedというアプリを使ってください。導入手順。ただし、Google Play非公式。

 

Twitter(スマホ)の広告ブロック

Serenade for Twitterというアプリ。導入手順。これも非公式アプリ。

 

Twitterのアカウント

攻撃的なアカウントは見ない。目にした瞬間に別のページに移動する。

* * *

プッシュ情報をうまく管理して、意志の力に頼らず楽に自分を変えましょう。


2020-02-04

5分を見つける


小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っています。

イチロー


以前、5分の大切さを計算で示しました。→ちりも積もれば。5分を毎日続ければ、すごいところまで行けます。

* * *

ドライヤーをかけながら洋書を読む

昨年から髪を伸ばしています。髪が伸びてお姉さんっぽくなったのはいいけれど、ドライヤーに時間がかかって不満でした。15分はかかります。そこで髪を乾かしながらKindleで本を読むことにしました。しかも、初めての洋書。

ちなみに、“Born on a Blue Day”という本です。これは面白い。日本語版もあります。→「ぼくには数字が風景に見える

毎日少しずつ読み続けて、とうとう4ヶ月で読み終わりました。洋書を読み切る自信はなかったから、自分で驚きました。

髪を乾かしながら読んだからこそ、最後まで読めたのだと思います。もし腰を据えて洋書に立ち向かったら、挫折していたでしょう。なかなか進まないことにイライラするから。一回15分なら、イライラする前に読書の時間が終わります。

髪を乾かしながら読書をするときのポイントは、Kindleで読むことです。紙の本だとページをめくるのが大変ですが、Kindleならタッチでページを送れます。辞書も電子辞書です。そうそう、Kindleにも辞書はついています。ただ、電子辞書のほうが用例が豊富なので私は電子辞書を使っています。

無駄な時間を活用できて、洋書も読める。髪が長い方はぜひ試してください。

ちなみに、今読んでいるのは“How to Have Impossible Conversations”という本。こちらも面白いです。

* * *

食事をしながらPodcast

食事をしながら考えごとをしていると、何かが気になってスマホで調べてしまいます。困っていました。食事が止まるから。かといって、動画を見ながら食べると、食べにくい。どうしたものか。

その解決策が「聴くコンテンツ」です。ラジオでも、音楽でも、落語でも、朗読(Audible)でも良いのですけれど、私はPodcastを選びました。Podcastとはインターネット上のラジオです。私は本を紹介してくれるPodcast(英語)を聞いています。

参考→私のおすすめのPodcast

この習慣も成功でした。食事は途切れないし、聴いていて楽しいです。英語の勉強にもなるし。歯磨きをしながら、洗濯をしながらも聴いています。

* * *

5分を見つける

私がすきま時間を活用した例を2つ紹介しました。あなたも自分の生活を観察してください。すきま時間はありませんか。その時間をなにかに使えませんか。5分が積み重なるとどうなるか、体験してください。


2020-02-04

まだ~してない


あれもしたい。これもしたい。だけど、全然できてない。


表現を変えてみましょう。

あれもしたい。これもしたい。まだなんだけど。


「まだ」という言い方は未来に希望がもてると思いませんか。「私もやれる」という自信が湧いてきます。

あなたに密かな夢はありますか。言葉には力があります。口に出していれば、叶えずにはいられなくなる。「まだ」を使ってあなたの夢を語ってください。

まだ実現していないのですが、私はこういうことをやりたいんです。

2020-02-04

だれでも初めは初心者だった


若い者には、老いた者がどのように考え、感じるかはわからぬものじゃ。しかし、年老いた者が、若いということがなんであるかを忘れてしまうのは罪じゃ

ダンブルドア


小学一年生に算数を教えていました。繰り上がりのある足し算です。何度やっても同じところでつまづく女の子に、イライラしました。「どうしてこんな簡単なことが分からないんだ」と。でも、よく考えてみれば、私も最初から足し算ができたわけじゃない。計算カードを何十周もしてやっと覚えました。それに、今だって「他の人が当たり前にできていること」ができなくて苦しんでいます。私も彼女と同じです。

何かができるようになったとき、「できて当たり前」になります。そこにたどり着くにはたくさんの試行錯誤があったのに、その苦労を忘れてしまう。だから心に留めておきます。だれでも始めは初心者だった、と。


2020-02-12

読者の権利10ヶ条


「本は最後まで読まなければならない」と考えてしまうことがあるが、そんなことはない。読者には「読まない権利」がある。好きに読んでいい。本の読み方に決まりはないのだから。

読者の権利10か条

1.読まない権利

2.飛ばし読みする権利

3.最期まで読まない権利

4.読み返す権利

5.手当たりしだいに何でも読む権利

6.ボヴァリズムの権利(小説と現実を混同する権利)

7.どこで読んでもいい権利

8.あちこち拾い読みする権利

9.声を出して読む権利

10.黙っている権利

ダニエル ペナック著「ペナック先生の愉快な読書法」より

2020-02-12

べったら漬け風


簡単でおいしい大根のお漬物です。

材料

大根:600g
砂糖:100g
酢:大さじ2
酒:大さじ2
塩:大さじ1

作り方

・大根の皮をむいて、一口大に切る。

・ビニール袋に、大根と調味料を入れる。

・次の日には食べられる。

その他

・大根から大量に水分が出るので、ビニール袋が破けると大変。ジプロックなど厚めのビニールがおすすめ。

・冷蔵庫で一週間日持ちする。

・本物のべったら漬けは米麹をつかいます。


2020-02-12

レモンパイ


作りました。レモンが爽やか。

トップシェフのレモンパイ|NHK「グレーテルのかまど」

レモンパイは赤毛のアンに出てきます。


2020-02-12

ブラウニー


作りました。しっとりブラウニー。

幸せを運ぶブラウニー|NHK「グレーテルのかまど」


2020-02-18

書評を書く


素晴らしい本を紹介したくても、その素晴らしさをどう言葉にすればよいか分からなくて途方に暮れる。どうすればこの作品を知らない人に魅力が伝わるのだろう。つたない説明をするくらいなら、かえって何も言わないほうがよいのではないか、とさえ思ってしまう。紹介したい本がたくさんあるのに、なかなか記事を書けないのはそのせいだ。


2020-02-18

別の人生を体験する


私が小説や回想録を読むのは、人間を理解したいから。他の人生を体験したいから。この人はこんなふうにものを考えるのか。人間って面白い。


2020-02-18

二重否定


私は二重否定が苦手だ。2~3回読み直して、やっと理解できる。二重否定を多用する文章を読むと、気持ち悪い。他の人もそんなふうに感じているのだろうか。


2020-02-18

一日


毎日、一生懸命やっているのに、ちょっとずつしか進まない。ため息が出る。


2020-02-18

Page-turner(ページターナー)


「読み出したらやめられない本」をpage-turnerと言います。page-turnerは、いったんページを開けば勝手に進んでいきます。読み手の意志とは関係なく。

「本を読まなければ、と思っているのに読めない」という人がいます。そういう人は、page-turnerを見つけることに力を注いでください。がんばって本を読む必要はありません。しかるべき本が見つかれば、努力しなくても読み切れます。

つまらない本は読んでも意味がありません。

食欲なくして食べることが健康に害あるごとく、欲望を伴わぬ勉強は記憶をそこない、記憶したことを保存しない。

「レオナルド・ダ・ヴィンチの手記」岩波書店p85


そっと閉じて次に行きましょう。

あなたが自分に合った素晴らしい本に出会えるよう、お祈りしています。


2020-02-18

レシピを見なくても作れる


料理のレベル

初級

・レシピがあれば作れる。

中級

・定番料理はレシピを見なくても作れる。
・失敗しなくなる。成功確率は80%以上。
・料理の写真からレシピを想像できる。

上級

・レシピがなくても作れる。
・レシピをアレンジできる。
・冷蔵庫にあるもので作れる。
・オリジナルの料理を生み出せる。


中級を抜け出すには

中級→上級のコツは、完成をイメージすること。

・完成をイメージする。

・「完成のイメージ」と「実際」を比べて、差の原因を考える。

・「何をすればどうなるのか(因果関係)」が分かってくる。

・「これを作るにはどうすればいいのか」と逆算できるようになる。

・レシピがなくても、イメージ通りに作れる。


2020-02-29

人種差別を知る映画・小説


ハックルベリー・フィンの冒険

キーワード:黒人、アメリカ、奴隷、トム・ソーヤーの冒険、旅、南部

Amazonより:トム・ソーヤーとの冒険で大金を得た後、学校に通い、まっとうな(でも退屈な)生活を送っていたハック。そこに息子を取り返そうと飲んだくれの父親が現れ、ハックはすべてから逃れようと筏で川に漕ぎ出す。身を隠した島で出会ったのは主人の家を逃げ出した奴隷のジムだった…。


42

キーワード:実話、アメリカ、黒人、野球、永久欠番、

Amazonより:史上初の黒人メジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの実話に基づく感動ドラマ。47年、メジャーリーグに唯一の黒人選手が誕生。背番号「42」を付けた彼は人種差別を受け…。


黒人初の大リーガー

Amazonより:すべてはこの男の勇気から始まった。今からちょうど50年前、人種差別という“アメリカの偏見”を克服して黒人初のメジャー・リーガーとなったジャッキー・ロビンソン。幾多の困難にも屈することなく、社会のカベを破った彼の人生はひとりの野球人のそれを超えて白人社会の中で、強く生きた黒人の“栄光”と“悲哀”をヴィヴィッドに物語っている。

感想:映画「42」の主人公であるジャッキー・ロビンソンによる自伝。彼は野球選手としてのみならず、黒人の地位を高めるために幅広く活躍しました。彼の家族についても書いています。彼の息子が麻薬中毒から立ち直った話は、感動しました。


ドリーム(映画)

キーワード:黒人、アメリカ、1960年代、女性、実話、ロケット、NASA、数学、コンピュータ、家族

Amazonより:1961年、アメリカはソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。NASAのラングレー研究所には、ロケットの打ち上げに欠かせない“計算”を行う優秀な黒人女性たちのグループがあった。そのひとり、天才的な数学者キャサリンは宇宙特別研究本部のメンバーに配属されるが、そこは白人男性ばかりの職場で劣悪な環境だった。仲の良い同僚で、管理職への昇進を願うドロシー、エンジニアを目指すメアリーも、理不尽な障害にキャリアアップを阻まれていた。それでも仕事と家庭を両立させ夢を追い続けた3人は、国家的な一大プロジェクトに貢献するため自らの手で新たな扉を開いていくのだった……。


ドリーム(小説)


ヘルプ(映画)

キーワード:黒人、アメリカ、1960年代、メイド、家族

Amazonより:1960年代のアメリカ南部。大学から故郷に戻った作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドを差別する白人上流社会に疑問を抱き、メイドのエイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に取材を申し込む。初めは頑なに断るが、親友のメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)を巡るある事件をきっかけに、重い口を開きはじめるエイビリーン。社会からの報復を恐れながらもスキーターの執筆に協力する彼女たちの“心の声”は、やがて一冊の本となり世の中に驚くべき変革をもたらすことに―。 1960年代のアメリカ南部。大学から故郷に戻った作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドを差別する白人上流社会に疑問を抱き、メイドのエイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に取材を申し込む。初めは頑なに断るが、親友のメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)を巡るある事件をきっかけに、重い口を開きはじめるエイビリーン。社会からの報復を恐れながらもスキーターの執筆に協力する彼女たちの“心の声”は、やがて一冊の本となり世の中に驚くべき変革をもたらすことに―。


ヘルプ(小説)


グリーンブック

キーワード:黒人、アメリカ、1960年代、南部、ピアニスト、イタリア系

Amazonより:時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。


小説家を見つけたら

キーワード:アメリカ、黒人、高校生、小説家

Amazonより:バスケットボールのプロ選手を目指す、ブロンクスに住む16歳の高校生ジャマール。彼には隠れた文学の才能があった。偶然か運命の導きか、彼が見つけたのは40年前ピューリッツァー賞に輝いた処女作一作だけを残して文壇から消えた幻の大作家、フォレスターだった。少年に文学の才能を見出した大作家は彼の導き手となると同時に、自らも、心閉ざして生きてきた人生に向き合うことになる・・・。

感想:この映画のテーマは黒人差別ではありませんが、随所から黒人が厳しい環境にいることが分かります。住まい、仕事、学校、話し方。すばらしい映画です。


アラバマ物語

キーワード:アメリカ、1930年代、黒人、裁判、弁護士、グレゴリー・ペック

Amazonより:1932年、アメリカは不況のドン底だった。アラバマ州メイコムという小さな町に、男やもめの弁護士ア ティカスは住んでいた。家族は彼と幼い子供たち、息子のジェム、娘のス カウト、それに家事全体を切りもりしている家政婦の4人だった。一家は静かな幸 福な日々を送っていた。近所には狂ったブー・ラドレーが父に監禁されていた。 ある日、農夫ボブが、娘が黒人の作男トムに強姦されたと保安官に訴えた。 判事は罪を否認するトムの弁護人に、アティカスを指名した。町の人々は黒人 を弁護したらただではすまぬと、アティカスに警告した。アティカスは不 正と偏見を嫌い、何よりも正義を重んじる男だった。ジェムとスカウトは、気狂いのブーを見ようとラドレー家へ忍び込んだ。しかしブーに発見され逃げ帰 った。そのうちにスカウトとジェム宛ての贈物が、ラドレー家の前の木の穴に置 かれるようになった。このようにして月日は過ぎていったのだが…


シンドラーのリスト

キーワード:ドイツ、ユダヤ人、第二次世界大戦、残酷、スティーブン・スピルバーグ

Amazonより:1939年-。ドイツ人実業家、オスカー・シンドラー(リーアム・ニーソン)が、ポーランドの古都クラクフにやってくる。野心家でナチス党員の彼は、巧みな話術と賄賂を使ってドイツ軍の上層部に取り入り、たちまち軍需工場で成功を収める。彼が雇っていたのは、有能なユダヤ人会計士、イザック・シュターン(ベン・キングスレー)のほか、賃金の安いユダヤ人労働者だった。やがて、ユダヤ人への迫害がエスカレートし、彼らが強制収容所で恐ろしい残虐行為の犠牲となっていくのを目の当たりにしたシンドラーは、ユダヤ人を助けようと、収容所所長、アーモン・ゲート(レイフ・ファインズ)に渡すためのあるリストを作り始める…。

感想:ユダヤ人迫害の事実を生々しく描いています。一切、手加減なし。あまりにひどいので、私は二度と見ることはできません。


Life Is Beautiful

キーワード:イタリア、ユダヤ系迫害、強制収容所、家族、コメディ、ロベルト・ベニーニ

DVDより 1939年、戦火迫るイタリア。いつも笑顔を絶やさないユダヤ系イタリア人グイドは、本屋開業のためトスカーナのある街にやってきた。そこで小学校教諭のドーラに恋をする。困難の末結ばれた2人にやがて息子ジョズエが生まれ、一家は笑顔の絶えない幸せな毎日を送る。しかしジョズエの5歳の誕生日、ついに戦火はこの街にもおよび、グイドたちは強制収容所へ送られてしまう。グイドは家族のため、息子の命を守るため、ある“嘘”をつく。絶望と死が支配する収容所の中、グイドの前向きな明るさと絶やさない笑顔が彼らの家族にやがて奇跡をおこす・・・。


二つの祖国(ドラマ)

キーワード:第二次世界大戦、日系アメリカ人、原爆、山崎豊子

紹介文より 二つの祖国の狭間で戦争という運命に翻弄されながらも、決して諦めることなく家族の絆と信じた愛を貫き、自らの祖国を探し求めた日系移民たちの怒涛の人生を描いた大河巨編

感想:役者の演技がすばらしい。小栗旬、多部未華子、ムロツヨシ、高良健吾、仲里依紗、新田真剣佑、松重豊。海外から見た、第二次世界大戦中の日本を知ることができる。時代に翻弄された日系アメリカ人たちに涙が出る。


二つの祖国(小説)

Amazonより:昭和十六年十二月八日、日本海軍はハワイ・真珠湾に奇襲攻撃をかけ、太平洋戦争が始まった。まもなく、アメリカ市民として生きてきた十一万二千人の日系人は、「敵性外国人」として、有刺鉄線に囲まれた砂漠の強制収容所へと入れられる。さらなる差別渦の中で彼らは懊悩する。「自分はアメリカ人なのか、それとも日本人なのか?」と。


チルソクの夏

キーワード:日本、1997年、韓国、高校生、陸上、山口、なごり雪

Amazonより:1997年7月7日。下関と釜山の間で行われた親善陸上大会に出場した郁子は、一人の韓国人の男の子と出会い、淡い恋をする。「来年の夏、この大会で再会しよう」携帯もメールも無い時代、日本と韓国が今ほど親しくなかった時代。郁子の初恋を何とか実らせたいと奔走する真理、巴、玲子の3人の胸にも、いつの間にか郁子の切ない想いが住み着き、そして奔流のようにあふれ出す—。

感想:韓国人にたいする偏見を扱っている。大人たちの偏見のなかで、高校生は恋をする。「チルソク」は韓国語で「七夕」の意味。一年に一度しか合えない2人の運命を七夕にたとえている。この映画を見た後は、山口県を旅したくなるはず。関門トンネル人道の県境で、クラウチングスタートを切ってほしい。