今月の日記

目次


2019-11-10

命の違い

「民間人」と「軍人」という言葉に違和感がある。軍人なら死んでもいいのだろうか。彼らにも家族があり、人生があったのに。私は誰にも死んでほしくない。


2019-11-10

笑顔

コミュニケーションにおいて笑顔は強い力をもっている。侮れない。


2019-11-10

トレードオフ

私が経済学を勉強して、1番よかったのは「トレードオフ」という概念を学んだことです。日本語では機会費用といいます。ある選択をしたときに、代わりに捨てるものを指します。

私は何をしていてもトレードオフがチラつきます。たとえば、Twitterを眺めているとき、私は読書という選択が浮かびます。読書を犠牲にするほど、このツイートには価値があるのだろうか。2つの選択肢を計りにかけています。「目の前のこれはあれよりも重要だろうか」と。

くだらないことに時間を費やして後悔する人は、トレードオフを意識してはどうでしょうか。あなたにとっていちばんの楽しみと比べれば、つまらないことはできないはずです。


2019-11-10

青のわたしと、赤のわたし

私のなかには2つの人格があります。青の人格と、赤の人格。青は理性的で、赤は正義感が強い。2人が話し合って物事を決めています。私は一人なのに。なんだか不思議です。


2019-11-10

怒りがおさまる魔法の言葉

私は人に腹を立てません。2つの魔法の言葉があるからです。

一つは「人間はこんなものだ」。ひどいことを言われても、約束を破られても、「ま、人間ってこんなもんだよな」と唱えれば腹も立ちません。最初から何も期待しないということです。

もう一つは「人生は短い」です。「人生はあっという間に終わる。腹を立てている場合じゃない。もっと学び、行動しなければ」と我に返ります。

おすすめです。


2019-11-10

「あの人さえいなければ良いのに」問題

「あの人さえいなければすべてが上手くいくのに」。そう思うときがありました。

でも、あるとき気づいたんです。どのコミュニティにも「あの人さえいなければ」といいたくなる人はいる。この調子だと私は死ぬまで誰かのせいにし続けるに違いない、と。

そんな人生はごめんです。不満を言い続けるなんて耐えられませんから。

今は「コミュニティにどんな人がいても受け入れよう」と考えています。それは骨が折れるけど、前よりもずっと気持ちが楽です。


2019-11-15

目標よりも習慣を

ゴールを設定して、最短ルートを進む。それができれば苦労はありません。「目的を見つけなさい」「目標を立てなさい」「やりたいことは何なの」そんなことを言われても、何を選べばいいのか分からない。毎日生きるだけで精一杯です。

だから、現在から積み上げます。ゴールから逆算しません。今興味があることを続けていく。読書、ランニング、英語・・・。その先に未来があると信じて。

自分に問う。未来に広がる一手はなんだろう。これは本当に好きなことか。私が得意なことは何だろう。

そうやって探っていく。新しいことを試してみる。三日坊主でもかまいません。それも進歩です。自分には合わなかった、と分かったのですから。

今、あなたが続けていることは何ですか。あなたが心の底から愛していることですか。見つかっていないなら、探し続けて下さい。

自然にできることを続けた先に、思いもよらなかったゴールがあるのだと思います。


過去の日記